[書評]「日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理」北野 幸伯 kuroブログ(旧SFCブログ)

Loading

[書評]「日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理」北野 幸伯

■ 本日の一冊紹介 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理
北野 幸伯
【私の評価】★★★★☆

■ 私の読書感想 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

面白い本だった。
”世界を動かす11の原理”
今後ニュース等を見るときには参考になると思った。

まあ、1回読んだくらいじゃ身につきはしないが
世の中を見る目が変わるきっかけになる一冊であることは間違いない。

●世界を動かす11の原理
・第1の原理 世界の大局を知るには、「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ
・第2の原理 世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである
・第3の原理 国家にはライフサイクルがある
・第4の原理 国益とは「金儲け」と「安全の確保」である
・第5の原理 「エネルギー」は「平和」より重要である
・第6の原理 「基軸通貨」を握るものが世界を制す
・第7の原理 「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく
・第8の原理 世界のすべての情報は「操作」されている
・第9の原理 世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」
・第10の原理 戦争とは、「情報戦」「経済戦」「実戦」の三つである
・第11の原理 「イデオロギー」は、国家が大衆を支配する「道具」にすぎない

●この本で私が”グッ”と共感したところは次のとおりです。

「世界のほんとうの姿」を知りたければ、「言葉」よりも、「実際の行動」を重んじよう。
(p.45)
一国の影響力と国力を測る基準は「品格」ではない。
それは、「金力」(経済力)と「腕力」(軍事力)である。
(p.50)
日本は2010年まで長年GDP世界二位でした。
つまり「金力」はすごかった。
しかし、日本はいまも昔も、圧倒的な「腕力」を持つアメリカに、事実上支配されています。
(p.60)
国にも、自然の「春夏秋冬」、人生の「青春・朱夏・白秋・玄冬」の様なプロセスがある。
(p.81)
「成長期」か「成熟期」かは、「賃金の水準」をみればわかる
(p.87)
(中国)2018〜2020年ごろ、「日本のバブル崩壊」に匹敵する出来事が起こる可能性が高い。
 そのとき、「共産党一党独裁体制」が崩壊する可能性もある。
 成長率が鈍化すると、共産党の正当性が失われる。
 中国政府は、国民の不満を外に転嫁するため、日本、ベトナム、フィリピン、アメリカなどに対し、さらにアグレッシブ(攻撃的)な対応をとっていくことが予想される。
(p.124)
国民の金儲けがうまくいけば、首相や大統領の支持率は高く、政権は安定する。
逆に、
国民の金儲けがうまくいかなくなると、首相や大統領の支持率は下がり、政権は不安定になる。
だから、うまくいくかいかないかは別として、どんな国でも、
「経済成長」(金儲け)が政権の最重要課題になる。
(p.135)
小国は大国からの侵略を防ぐために他の大国に接近し、大国は自分のパワーを増大するために小国を守っている。
(p.145)
「シェール革命」で、アメリカにとっての「中東の重要度」は下がる
(p.177)
ヤフーニュース
 └国内
    └政治
 └国際
    └国際総合
 └経済
    └経済総合

「新聞情報2014年10月」という具合に、1ヶ月毎に区切ってデータで保存
(p.279)
日本人は、なんでもかんでも「善」か「悪」で考えがち
・・・しかし、世界の支配者たちは、まったく別の見方をし、別の行動をとるのです。
どうすれば勝てるのか?
(p.298)
「ウソを100万回言って、国民と国際社会を信じさせるべし」という明確な意図を持ってやっている。
・・・
なぜ、中国や韓国は、日本に関する大ウソを、堂々と世界に流布することができるのだろう?
・・・
中韓の人々は「俺達は戦争している」という明確な意識を持っていることを、私たちは認識しなければなりません。
(p.314)
戦争はもうはじまっている
・・・
中国は、現在日常的に「領海侵犯」「領空侵犯」を繰り返している。
全世界で、「日本は尖閣ばかりか沖縄の領有権もない!」と宣伝している。
(p.322)
いまは、「善悪」の話をしているのではありません。
「負け戦」に向かっていく当時の日本政府を、日本国民自身が「圧倒的に支持していた」という事実。
いま日本では、「日本は悪くなかった。悪いのは全部ずる賢いアメリカだ!」という論調が流行しています。
・・・
しかし、敗戦の理由をアメリカのせいにしても、明るい展望は描けません。
(p.346)

■ 本日の一冊紹介 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理
北野 幸伯
【私の評価】★★★★☆

■ 関連リンク ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<本の格付け基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
 ★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかも)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タグ:北野 幸伯
posted by kuro at 05:49 | Comment(2) | [書評]ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SFCの皆様お元気ですか?あなたの室田です。初代メンバー以下数年の皆様、2016今でもまだボールを追うあなた方のそのお姿、大好きです。盆にはどなたかに連絡を取らせて頂きますので是非海舟に集合しませんか(その後別途シーサイド集合も有り)?
Posted by 室田 at 2016年06月25日 22:42
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
Posted by 本が好き!運営担当 at 2017年02月09日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングに参加しています

皆様の応援クリックが更新の励みになります。
よかったら応援クリックお願しますexclamation×2

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大村情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ 草サッカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。